5-8 水栓ボックスの取り付け

(1)壁用水栓ボックスの施工例

作業手順 作業内容
通管 架橋ポリエチレン管を水栓ボックスより引き出し、先端を管軸に対し直角に切断して下さい。
継手部材のセット 架橋ポリエチレン管と継手(水栓エルボ)を接続して下さい。
水栓エルボ
をボックス内へ戻す
架橋ポリエチレン管をヘッダー側に押し込み、水栓ボックスエルボをボックス内に戻して下さい。
水栓エルボの固定 水栓エルボを押し付けながらロックリングを取り付けた後、水栓レンチを逆さにしてロックリングを固定して締め付けて下さい。
水栓の取り付け 化粧リングを取り付けた後、水栓を取り付けます。


(2)床用水栓ボックスの施工例

作業手順 作業内容
固定金具の取り付け @さや管を立ち上げる位置を中心に製品に応じたアンカープラグ用の下穴をあけます。

A下穴にアンカープラグを打ち込んで、固定金具をビスで固定します。

B固定金具のナットに、寸切りボルトをねじ込み、プライヤー等で寸切りボルトの根本をつかんで、締め付けて下さい。

C調整座金に、水栓ボックスを付属のビスで取り付けます。

D調整座金を寸切りボルトにはめ込んだ後、サポートバーを取り付け、水栓ボックスの上面と同じ高さになるように調整して固定します。

E水栓ボックスを固定した後、さや管を接続固定します。

F床張りの時、水栓ボックスの真上に50mmの丸穴をあけ、床材を貼り付けます。
水栓の取り付け @水栓ボックスの固定リングと継手を取り外し、ヘッダー側から架橋ポリエチレン管を押し込み、水栓ボックスから架橋ポリエチレン管を引き出し、先端を管軸に対し直角に切断します。

A架橋ポリエチレン管と継手を接続します。

B水栓レンチに固定リングを通してから、継手に水栓レンチをねじ込みます。

C水栓レンチで継手を押さえて芯を出し、固定リングを取り付けます。

D水栓レンチを継手から外し、水栓レンチを逆にして固定リングを締め付けます。必要に応じて固定リングを締め付けます。

E化粧パイプにわん座をはめ、継手にねじ込みます。