水道用架橋ポリエチレン管
管(JIS K 6787)の寸法規格

 

●単層管(M種)の寸法

呼び径 外径
基準寸法と許容差
(mm)
内径
基準寸法と許容差
(mm)
厚さ
基準寸法と許容差
(mm)
長さ※2
基準寸法と許容差
(mm)
参考
質量※3
(kg/m)
10 13.0 ±0.15 9.8 ±0.25 1.60 ±0.20 120 +2
-0
0.054
13 17.0 12.8 2.10 0.092
20 27.0 21.2 ±0.30 2.90 100 0.206
25 34.0 26.0 ±0.35 4.00 ±0.30 0.354
30 42.0 ±0.20 32.1 ±0.40 4.95 ±0.35 0.542
40 48.0 36.8 ±0.45 5.60 ±0.40 60 0.701
50 60.0 ±0.30 46.1 ±0.50 6.95 ±0.45 50 1.090
   
16※1 21.5 ±0.15 16.2 ±0.25 2.40 +0.50 -0 120 0.148

 

●二層管(E種)の寸法

呼び径 外径
基準寸法と許容差
(mm)
内径
基準寸法と許容差
(mm)
架橋層厚さ
基準寸法と許容差
(mm)
非架橋層厚さ
基準寸法と許容差
(mm)
長さ※2
基準寸法
(m)
参考
近似内径
(mm)
10 13.0 ±0.15 1.90 ±0.30 1.60 ±0.20 0.30 +0.30
-0.10
120 +2
-0
9.2
13 17.0 2.40 2.10 12.2
20 27.0 3.25 ±0.40 2.90 0.35 +0.35
-0.15
100 20.5
   
16※1 21.5 ±0.15 2.60 ±0.50 -0 2.40 +0.30 -0 0.20 - 120   15.8

 

備考
※1: 16については、JIS K 6769(PN15)の寸法及び許容差。
※2: 長さについては受け渡し当事者間の協定により変更が可能。
※3: 質量は管の寸法を基準寸法にし、材料の密度を0.94g/cm3とした計算値。

 

 

●種類及び記号
継手の種類及び記号は、接合方式及び適合管の種類によって区別する。

種類 構造 種類の記号
M種 単層 XM
E種 二層 XE

 

 

●性能

性能項目 性能
引張降伏強さ 16.0MPa{163kgf/cm2}以上
耐圧性
熱間内圧クリープ性
漏れ、その他の欠点がないこと。
浸出性※1 濁度 0.5度以下
色度 1度以下
過マンガン酸カリウム消費量 2mg/L以下
残留塩素の減量 1mg/L以下
臭気
異常がない。
耐塩素水性 水泡発生がないこと。
ゲル分率※2 65%以上

 

備考
※1: 浸出性の試験温度は、常温とする。また、濁色、色度、及び過マンガン酸カリウム消費量、並びに残留塩素の減量は、空試験値から差し引いて求める。
※2: ゲル分率は、M種及びE種の架橋層に適応する。

 

<戻る>